プロペシアの通販

プロペシアの通販で抜け毛予防&薄毛対策をする方が急増中

抜け毛による薄毛で悩む男性

年齢が若ければ若いほど深刻な悩みになりがちで、抜け毛に対して神経質になればなるほど、抜けた髪の毛の本数がストレスとなり、「さらに抜け毛が増える」という悪循環が生まれてしまいます。あらゆる抜け毛予防や薄毛対策も、抜け落ちてしまった髪の毛の前ではストレスと焦りを助長させてしまうことでしょう。

そこで、ここでは『薄毛は絶対に嫌だ!』という方のための、迅速かつ効果的な抜け毛対策の王道であるプロペシアをご紹介させていただきます。

抜け毛予防はしているけれど……

本気で抜け毛に悩んでいる方なら、既に自分なりの対策をしている方がほとんどでしょう。抜け毛の原因となる皮脂の汚れを取り除くマッサージを兼ねた優しい洗髪、頭髪に栄養が行き渡るよう食生活・生活リズムの改善、その他ストレスを溜めない工夫をするなど、髪の毛を中心とした生活を送っている方も多いです。

それらは決して間違っているとは思えません。髪の毛も体の一部なのですから、医薬品になど頼らず、肉体の改善・食や睡眠の見直しを先に行うのが妥当です。

ところが、どれだけ体に気を遣っていても進行してしまうのが「抜け毛」・「薄毛」の恐ろしいところです。食生活の見直しは当然、タバコは止めたしアルコールも適量を心がけている、適度な運動もしているし夜更かしも極力しないようにしている。しかし、抜け毛は止まらない。

このときに考えられる抜け毛の原因が、「遺伝」と「男性ホルモン」です。そして、男性型脱毛症(いわゆるAGA)は、この二つが最大の原因となっています。『それじゃあ、もうどうしようもないじゃないか...』と諦めるのはまだ早いです。そんな方にこそ、プロペシアによる抜け毛予防及び対策を検討していただきたいのです。

抜け毛・薄毛の原因とプロペシアの効果

髪の毛が抜けるという現象に男性ホルモンが大きく作用していることは広く知られていることです。では、具体的に男性ホルモンがどのように作用するかというと、そもそもの原因は5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンと結びつき、髪の毛に対して「脱毛」の指示を出す物質(悪玉男性ホルモン)になることなのです。

男性ホルモンが抜け毛の原因ならば、男性ホルモンの分泌を抑えればいいと考える方もいるかもしれませんが、5αリダクターゼを抑えることこそが重要です。

男性ホルモン自体を減らす治療もありますが、これは前立腺の病気などの際に行われることで、男性ホルモンを無闇に減らすことは「無気力」や「筋肉量の低下」など、様々な弊害が見られることもあります。

したがって、抜け毛対策としてはあまり良い方法だとは言えません。

プロペシアは、まさにこの5αリダクターゼの発生を抑える医薬品で、プロペシアの有効成分であるフィナステリドが5αリダクターゼを抑え込むことで、悪玉の男性ホルモンに変換されなくなり、結果的に抜け毛が減っていくのです。

プロペシアでもうこれ以上自髪を減らさない

プロペシアはAGA治療のための医薬品ですので、薄毛の原因がAGA以外の場合には効果が見られません。AGAは遺伝性だと言われていますから、両親や親族の方に進行する抜け毛などの症状が見られなければ、他の原因を考えてみることも大切です。

もちろん、隔世遺伝などもありますから抜け毛が進行するようであればAGAである可能性が高いです。AGAは、「進行する」「不可逆的である」という特徴があるため、一度始まってしまえば後はどんどん髪が薄くなっていきます。このことから、早め早めに対策をとることが重要だということがよく分かります。

さらにもう一つ早めの対策をお勧めする理由としては、プロペシアは抜け毛の進行を抑えるのが目的であり、発毛は目的ではないということが挙げられます。

AGAは遺伝による影響が大きいので、抜け毛が始まること自体は体質であると割り切らなければいけない部分もあります。しかし、早めに対策を行った分だけ、頭髪を失わずに済む可能性が高まるのです。

頭髪の行方が心配になってきたら早めにプロペシアによる治療を行い、『これ以上減らさない』と思考を切りかえることが得策なのではないでしょうか。

プロペシアの副作用と問題点

プロペシアには用法・容量を守って服用していれば、大きな副作用はないと言われています。しかしながら、プロペシアによるAGA治療は長い期間継続していかなければなりません。

服用を止めてしまえば再び薄毛の進行が始まってしまうので、治療でありながら完治がありません。長期継続となると副作用や費用の面が心配になります。

結論から言えば、副作用についてはいくつか報告されているものの、いずれも軽度なものなのであまり神経質になる必要はありません。具体的には、性欲の減退・男性機能の低下・または胃の不快感や下痢などの体調不良等です。

しかしながら、副作用の重さは人によって様々ですので、プロペシアを服用して万が一様子がおかしいと感じたらすぐに医師に相談してください。極稀に重い肝機能障害を引き起こすことがあります。特に、もともと肝機能に心配がある方は、念のため医師にご相談の上、服用してください。

また、プロペシアの作用として初期脱毛というものがあります。飲み始めに抜け毛が一時的に増えるのですが、これはプロペシアが乱れたヘアサイクルを整備している段階に見られる当初一ヶ月程の現象ですのであまり心配はいりません。

また費用についてご心配な方は、信頼できる大手の個人輸入代行業者を有効に活用すると良いでしょう。医薬品は個人使用に限り、海外から輸入して治療にあたることが許されています。

その個人輸入を代行してくれるのが、オオサカ堂などの個人輸入代行業者です。現実問題として、小ロットでの個人輸入では商品代金よりも配送料金が割高になります。そのような理由で、代行業者を賢く利用する方が増えているのです。

薄毛はプロペシアで治療する時代

頭髪が歳と共に次第に薄くなっていくのは自然なことなのかもしれません。しかし、現代の医学では失われていく運命であるはずの髪の毛を救う技術が日々進歩し続け、「これ以上は減らさない」というところまで治療が可能になっています。

これまで、タバコを吸ってお酒を飲んでいたのならそれらを止めて、その分の費用をプロペシアにあてることで、体は健康になり髪も減らない、「体が健康だと発毛環境が良くなり髪の量も増える」という良い循環が生まれやすくなります。

プロペシアは、FDA(米食品医薬品局)など医学会で認可されている安心・安全且つ効果検証済みの薄毛治療薬です。一度、試してみる価値はあるでしょう。

安全なプロペシアのジェネリックは?

プロペシアを日本で処方してもらうとなると、かなり面倒だそうですね。

個人的には、普通に市販で買えるのでは、と勝手に思っていたのですが、実際は病院で受診しないと購入することができないのだとか。プロペシアは決して安いものじゃありませんし(28錠で6000円近くするそうです)、病院の診察もタダじゃありませんから、そうなるとかなり経済的負担が重そうですね。

そこで、できるだけ費用を節約するため、個人輸入でプロペシアのジェネリックを購入するという方法をとる人が多いのだそうです。確かに、ジェネリックならオリジナルと同じ成分ですけど、半額とかで買えてしまいますからね。

それに、個人輸入なら、別に病院で診察を受けるまでもなく、普通の通販と同じ調子で好きな時に好きな量を買えますし。

ただし、プロペシアのジェネリックは、安全性のことも考えて慎重に選んだ方が良いそうです。なぜなら、プロペシアの6分の1くらいで買えるフィンペシアは、コーティング剤に発がん性の疑いがかけられているからです。

そのため、プロペシアのジェネリックでは、フィンペシアのような危ないコーティング剤が使われていない、フィナロやエフペシアを選ぶのが安全とのことでした。

プロペシアの効果を実感するまで

育毛剤は、どれもちゃんとした効果が出るまで、かなり時間がかかるそうですね。そのため、効いているか効いていないかを判断するには、最低でも半年から1年くらいは続けた方が良いのだとか。

半年から1年って、長いですね。1年続けて効果無しだと、私だったらもう心折れて潔くスキンヘッドにすると思います。

ちなみに、数年前から話題を呼んでいる、内服タイプの育毛剤であるプロペシアは、そこの所どうなのでしょうか?

内服タイプだから、もしかしたら早く効果が出るのかも、と個人的には期待していたのですが、やはり6か月くらい連続して服用しなければ、効果を実感できないことが多いとのことでした(中には3か月くらいで効果が発現するケースもあるそうです)。

やはり、プロペシアも暫くの間は耐えて飲み続けるしか無いんですね。それでも、1年間継続して服用すれば60パーセント近くの人が、3年間だと80パーセント近くの人が、大きな改善効果を実感できたという臨床データがあるそうなので、継続していれば必ず効果が出る点については間違い無いんだと思います。

となると、育毛剤を短期間の内に何個も試すよりも、このプロペシアを1年間続ける方がずっと良さそうですね。