プロペシアの副作用

プロペシアの副作用で精力が減退するってホントなの?

みほの彼氏がプロペシアを始めたきっかけ

みほの彼氏、のぶとし通称「あっちん」。よく友達に「なんであっちん??」て言われるけど、理由は単純。AKBのあっちゃんに似てるから。目が近くってキラキラしてる。でもあっちんは大島ゆうこが好きらしい。ハの字眉毛がカワイんだって。。

そんなあっちんが1年くらい前に突然、「ゆうじプロペシアー、始めました♪」って、冷やし中華始めましたみたいに歌いだすから、「何それって?」って聞いたの。

なんか大学時代の同窓会行ったときに薄い薄いとかゆわれてた友達の髪の毛が増えてたんだって。それで植えただろ~!って話題になってたらしいけど、みほはそうゆうの好きじゃない。

だってひとのコンプレックスをいじるのって最低でしょ!?。そう思ったけど言わない。みほだってコンプレックスのひとつやふたつ、いやきっと6つくらい・・・

それでね、その同窓会が終わった後にあっちんがゆうじ君に電話したんだって。あっちんも薄いのがコンプレックスだったみたい。。。

話によると、ゆうじ君は植えたとかじゃなくって、1年くらい前から病院でAGA(男性型脱毛症)の治療をしてるってことがわかったの。治療と言っても3ヶ月に1回行って薬をもらってるって話。で、その薬の名前がプロペシアなんだって。

あっちんもお医者さんへ行きました

そんないきさつがあって、あっちんも教えてもらったお医者さんに行ってプロペシアを始めるってことになったんだけど、薬の効果とか服用方法とか、副作用とかについてもいろいろ聞いてきたんだって。そしたら「他の薬とおなじで、胃の不快感とか眠気がでるかもって」。「あと精力減退とか言ってたかな?」、、、

思わず出ちゃった。一瞬の間が空いてあっちんが意味深な表情でみほの顔のぞきこんでくるから言ってやったの。「何考えてんのっ!?変な意味じゃなくって」。「だって将来子供とか欲しいし、それって大事なことでしょ・・・」。

ホントは顔が赤くなってないかすごい気になっちゃってたけど。でも殿方がいる女子ならみんな同じこと思うと思う。みほだって髪の毛がなくなっちゃうよりはあったほうがいいけど、精力減退なんて言われたらやっぱりそれはダメ!

よくよく話しを聞けば、精力減退は稀なケースで日常生活に支障をきたすものではないから心配ないんだって。プロペシアを飲むのを止めればなくなるんだとか。

でもね、実際のところがやっぱり気になったからみほなりに調べてみたの。もし、同じような殿方をお持ちの女子は参考にしてみてください。

プロペシアの作用・副作用についてまとめました

・男性特有の2つのホルモン・
男性ホルモンには大きく分けて2種類、1つは性欲を感じる・精子を作る・筋肉や骨格を発達させるなどの良い意味で男性気質をつかさどるのがテストステロン。いっぽうAGA(男性型脱毛症)の原因になったり、その逆で体毛やひげを濃くしたり、皮脂を過剰に分泌させたり、高齢になってくると前立腺ガンの原因になる前立腺肥大などを引き起こす悪いほうがジヒドロステロンです。
・AGA(男性型脱毛症)のメカニズム・
もともと良い作用をもたらすはずの男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素に結びつくことでジヒドロステロン(DHT)に変換されてしまします。男性のテストステロンは30歳を過ぎたころから年1~2%程度減少する反面で5αリダクターゼの働きが加速することで強力なDHTの作用がAGAの原因になってしまいます。
・プロペシアの有効成分フィナステリドについて・
AGAの有効成分フィナステリドが1mg入ったプロペシアの国内臨床試験では、5%程度の副作用と見られる報告があります。内容は胃部の不快感や腹痛・頭痛・眠気・だるさとなどのほかに男性機能の低下の報告もあります。フィナステリドは5αリダクターゼを阻害してテストステロンがDHTに変換するのを防いでくれるものです。性欲などを司るテストステロン自体を減らすものではないため、理論的には性欲や男性機能の低下が起こることは考えにくいとされています。また使用をやめることでこれらの副作用はなくなるといわれてます。
・これは注意!・
プロペシアは副作用の少なく安全性の高い薬ですが、医療薬である以上肝臓で分解されるため、肝機能障害を持っているかたは注意が必要です。20才未満の安全性や有効性は確立されていません。また、女性は間違ってもプロペシアを服用しないようにしてください。

みほも自分で調べて納得、副作用はあんまり心配ないみたい。

プロペシアの経過と報告

あっちんの場合、プロペシアを始めて半年くらいのとき、「オレ体毛も濃くなってない?」とか言ってた。フィナステリドっていうのが体毛を濃くしたり薄くする効果は無いはずだからあっちんの気のせいと思う。

それとこれを読んでくれてる女子は気になっていると思うのでプロペシア服用による精力減退についてご報告します。正確には、性欲減退?精力と性欲とかがごっちゃにならないようにわけて報告します。

まず性欲についてですが、前と変わってないと思うの。プロペシアを服用する前と特にエッチの回数が減ったということはありません。増えてもないです。

精力については、あくまでもみほ目線なのであっちんがどう思ってるのか、どう感じているのかわわかりませんが、なんだかむしろ強くなってるように思う。これはたぶん、プロペシア作用とか関係なくって髪が増えたあっちんの自信がそうさせてるのかな?って

結果的には、今のところみほが心配してた変な副作用とか、もちろん精力減退とか性欲減退みたいなことはありません。たまに眠いとかゆってますが、それは前からなので気にしてません。

もちろんお薬なので効き目とか副作用はそれぞれ個人差はあると思うので何かあればすぐお医者さん!それは厳守です!

気になる病院でのAGAの治療費は?

何年か前に、「お医者さんに相談だ~」っていうCM流行りましたよね。爆笑問題がやっていた。当時AGA(男性型脱毛症)なんていう病気はあまり知られていませんでしたけど、あのCMでかなり日本にその病気が浸透したのではないでしょうか?私も当時は全然理解していませんでしたが、CMはおもしろかったので、そのCMになるとよく観ていた記憶があります。

でも、実際その医師に治療してもらう場合、どれくらいお金がかかるのかなとふと疑問に思い、ちょっとネットで検索してみました。すると・・・月1万円から3万円くらいすると書いてありました。万単位だとは思いませんでした。

勿論ちゃんと理由もあって、保険適用外だからみたいです。あんなにCMやってるのに、治療が保険適用外なんて、何かちょっとズルいというかサギというか。でも、それで髪が生えてくるなら、AGAに苦しめられている当事者の人たちにとっては安いものなのでしょうか?

それはともかくとして、早くAGA治療が保険適用で受けることができるようになってほしいですが・・・その予定はあるのでしょうか?

将来AGAを発症するか否か調べるDNA検査がある

現代はDNA検査で大体のことは分かるそうですね。血縁関係は勿論、向いている運動や仕事の種類や傾向、将来発症するかもしれない病気などなど。将来発症する可能性の高い病気を知ることができるのは良いかもしれませんね。予め分かっていると、それに気をつけて生活することができますから。

でも驚いたのは、AGA(男性型脱毛症)の発症可能性もそのDNA検査で分かるということでした。そんな細かい病気まで分かるんですね。ちなみに、検査方法も簡単みたいです。何か専用のキットを頼んで、同封されてる書類にちょっと必要事項を書いて、後はキットの綿棒を口内にこすりつけて粘膜を採取したのと一緒に検査機関に送るだけだそうです。

確かにこれなら簡単そうですね。寧ろ、CMで高いお金をとられる医療機関利用を宣伝するよりも(日本の病院でAGAを治療すると、保険適用外で高くつくみたいです)、こういう手軽でできる検査方法を紹介した方が良いのではないでしょうか。絶対知らないで損している人たくさんいると思います。

AGA治療は自己判断で行うより病院に行った方がいいかも

抜け毛や薄毛の悩みがあったらお医者さんに相談するという時代ですが、それもそのはずで、抜け毛や薄毛の原因だって多種多様なのだから、効率よく専門家の意見を仰ぐ方は手っ取り早いということでしょう。頭髪が気になってきたからと言って、頭皮環境を整えるという類のシャンプーやトリートメントをするとか、市販の育毛剤を使うということが全然意味がないということにもなりかねません。

自分で判断して、自分なりに育毛や発毛を行おうとすることがかえって遠回りになってしまって、だんだん取り返しのつかない状況になるということもあるのです。

もちろんそれで解決する場合もあるでしょうが、特にAGAのような進行性の脱毛の場合、やはりお医者さんに相談して、AGAと診断された上で、適切な医薬品を使う方のが先決なのです。AGAだって早期発見・早期治療が大事。

そもそも、最近抜け毛が増えてきたなあって時点で、自分ではAGAだなんて分からないですよね。AGAは進行しますから、頭髪に心配があったらまずお医者さんに相談してみる。その方が結果的に悩む時間がすくなくて済む…のかな。

AGA治療は諦めるまで続くので治療費を払い続ける不安

一般的にAGA治療に用いられるフィナステリドという医薬成分を含む、プロペシアなどの薬は、ほとんどの人に発毛効果ではなく現状維持効果が表れる薬のようです。つまり、服用している間はそれ以上急激な抜け毛は起こらない。しかし服用をやめるとAGAが治っている訳ではないのでまた進行しだすということです。

専門の病院やクリニックでAGAの治療を行うと、治療費は安くても1ヶ月に1万円はかかると言います。病院によるのでしょうが、毎月病院にかかるお金としては決して安価ではない値段がかかることは間違いありません。しばらくしてもっと画期的な薬が開発されて、AGAを治せる薬などが出来ればよいですが、今のところそれまではもう禿げてもいいやって諦めがつくまで薬を飲み続ける必要があります。

早くから服用を始めれば、それだけお金がかかる。他の病気とは違いますね。AGAも早期発見、早期治療がカギだと思っていましたが、あながちそんな簡単なことではないのかもしれません。

だからこそ、費用の不安を少なくするために、通販で同じ成分の薬を購入する人が多いみたいです。薬さえ分かって、ちゃんとしたものを購入できれば、確かに病院行く必要ありませんからね。だって薬で進行を食い止めることしかできないんだから、医師に診察いらないじゃないですか。

HOMEへ戻る