フィンペシア

フィンペシアを個人輸入代行サイトで通販するとなぜこんなに安いの?

1ヶ月の費用負担7,500円のプロペシアに対して月額690円程度で飲み続けることができるフィンペシアが通販(個人輸入代行)で人気を集めていますが、なぜこんなにも安いのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

● 1ヶ月の料金参考表 ●
プロペシア フィンペシア
250円×30日=7,500円 32円×30日=960円

日本の医療機関で処方されるフィナステリドを有した医療薬は万有製薬のプロペシアしかありません。よって長期治療に伴う負担も多大なものになってしまいます。経済的な理由により数ヶ月程度で服用を止めてしまう方も少なくありません。

プロペシアに比べ格段に安いフィンペシアは経済的負担なく続けられる反面、安すぎることへの不安がある方もいるかと思います。不安を持ったままではフィンペシアを通販することはできません。安い理由についても理解することが大切です。

フィンペシアが安い理由について

AGA(男性型脱毛症)に有効なフィナステリド1mgが配合されたプロペシアは米メルク社が開発し、その特許期間は2019年まであります。そのためプロペシアのジェネリック医薬品はまだ作ることができません。

それではなぜ、プロペシアと同等の有効成分フィナステリド1mgが配合されたフィンペシアが製造できるのでしょうか、そこにはフィンペシア製造国のインドの法律が関係しています。

フィンペシアはインドで国内第2の製薬メーカー「シプラ社」が製造している医療薬です。インドの法律では成分特許は認められてられておらず製法特許のみ有効とされることから、この期間を経過していない先発医薬品と、同等の有効成分を含有した後発医療品を製造することが可能なのです。

そのインドでは、アメリカや日本、他の先進国などに比べ、人件費が格段に安いため、成分・効果・安全性などの観点からジェネリック薬品と捉えられるフィンペシアが低コストで製造できています。フィンペシアが安く製造できる理由にはそういったインドの法律や経済状況が反映された結果によるものなのです。

AGAなどの薄毛に悩む人って、イコールいい年したオジさんというイメージがありますけど、実際は若い内からそうした髪のトラブルに悩まされている人も多いそうですね。

確かに、リーブ21の発毛コンテストの表彰式の様子を映したCMとか見ると、それで上位に輝いている人って意外と若かったりしますからね。

でも、もっと驚きなのは、早い人だと大学生の内からAGAに悩んでいるのだとか。大学生って、つまりは18~22歳くらいってことですよね。

そんな早くから髪のトラブルに悩むなんて・・・もう大変と言うかなんと言うか(よく1人暮らしとか、環境の変化がストレスになって、一時的に抜け毛が増えるとは聞いたことありますけど、どう考えてもそれって薄毛に悩む大学生の一部分のみですよね)。

それにしても、大学生が薄毛で悩むとなると・・・絶対中年の男性より病院にも行きにくいですよね。こういうのって、やはり遺伝とかなのでしょうか?私も若いからってだけで油断しないでおこうと思います。

近頃、父親がしきりに髪が薄くなっていないかと気にし始めたので、なんだか関係の無い私まで心配になってしまいました(まぁ遺伝のこともあるので、厳密に言えば関係無いことは無いのですが)。なので、ちょっとセルフチェック的なものが無いかネットで検索してみました。

すると、意外と簡単に出てきました。やはりそれだけ需要が高いということなのでしょうか?

ちなみに、チェックする項目は全部で9個。結構少ないんですね。もっとごちゃごちゃ聞かれるのかと思っていました。

聞かれることは、両親やその祖父母に薄毛の人はいたか、抜け毛が気になり始めたのは思春期辺りからか、髪のコシが無くなったかなどでした。

できることなら、私が父親の代わりにチェックしてあげようかなとも思っていたのですが、祖父母がどうとか、思春期の時はどうだったかとかなんて、これは本人しか分からないことばかりですね。とりあえず、これ以上父親が気にするようなら、頃合を見計らってさりげなくオススメしてみようと思います。

HOMEへ戻る