ケアプロスト

ケアプロスト - ルミガンより安価なジェネリックまつげ美容液の通販

あなたは月にどれくらい化粧品代をかけていますか?

独身女性に関するあるデータによると、基礎化粧品だけでも月平均7,000円くらい、人によっては1~3万円かけているそうです。

肌ケアだけでも結構な出費ですが、メイクに手を抜かない女子ならまつげケア用コスメも大いに気になるところでしょう。しかし、

まつげ美容液=高い

と思い込んでいませんか? CMや広告ではあまり見かけないかもしれませんが、効果的でとてもお手ごろなまつげ美容液があるのです。

まつげ美容液って結構高い…最安値はどれくらい?!

モデルさんや女優さんの愛用品が、雑誌やブログなどで注目を集め口コミで広がっているまつげ美容液。

不自然さが弱点の「つけまつげ」、まつげの痛みが心配な「まつげパーマ」、取れてしまうリスクが避けられない「まつげエクステ」とはまったく異質の「自まつげ」育成を目的としたまつげ専用コスメです。

すっぴんで勝負できるフサフサ自まつげは、女子なら誰でも手に入れたいもの。

しかし売れセンの商品はどれも値段が高めで、マスカラ並みのプチサイズなのにモノによっては1万円以上。興味はあるけれどなかなか手が出ない、という人も多いのが現状のようです。

売れ筋商品に負けない効果が期待できて、なおかつプチプラ。 みんなが求めているのは、そんなまつげ美容液ではないでしょうか?

じつは、マスカラ以下のお値段で購入できる商品があります。まつげ美容液の最安値は、ズバリ2,000円代。商品名をケアプロストといいます。

安い分効果が薄いのでは…と不安を抱く方もいるかもしれませんが、効果のほどは、まつげ美容液の元祖と言われるルミガンや、ラティースとまったく変わりはないのです。

薬価はバラバラでもルミガンもケアプロストも成分は同じ

ケアプロスト、ルミガン、ラティースの3商品は、いずれも主成分として「ビマトプロスト」という物質を含みます。1本3ml入りでビマトプロスト含有率が3%、という点もまったく同じです。

ビマトプロストは、特に新しいまつげの発毛に劇的な効果を示します。

もちろん、既存のまつげの毛質を改善したり、色合いを濃くしたりする効果もありますが、ビマトプロストを含む商品はまつげ「美容液」とより「育毛剤」としての性質の方が強いといえるでしょう。

薬価には驚くほど格差がありますが、同じ容量で同じ主成分なので、使用感にも効果にもなんら変わりはありません。

使い方も同様で、1日1回、まつげの生え際に塗布するというもの。アイライナーの要領で使用するもので、とくに難しいことはありません。

またビマトプロストには、「失明する」「視力が低下する」などというネガティブな評判が立ったこともあります。実際はそのような実例は1件もなく、正規品に関して言えばまったくのデマです。

目のかゆみ、充血、塗布し過ぎた箇所の色素沈着などの軽い副作用がみられることがありますが、これは体質によって現れ方に差があります。効果、使い方、副作用…いずれにおいても、3商品はまったく同じであると考えてよいでしょう。

長く続けたいなら…ラティース < ルミガン < ケアプロスト

では、なぜ同じ成分、同じ効き目、同じ性質なのにここまで値段に格差があるのでしょうか?

まず、飛び抜けて高額なラティース。これは、ルミガンに専用のアプリケーターを付属させ、商品名やボトルをリニューアルしたものです。他にルミガンと大きく違う点はないのですが、「まつげ美容液の先駆け」的なイメージやブランド感も手伝って、一時期かなりの人気商品だったことも事実です。

そしてまつげ育毛剤のルーツともいえるルミガン。元々は緑内障治療の点眼液として使用されていたものです。別途にアイライナーブラシを購入するか綿棒などを用意して使用することになります。また、もともとの薬価もそれほど高くなく、ルミガンもまつげ育毛剤としてはお手ごろな部類に入るでしょう。

そして、ケアプロストがルミガンよりさらに安いのは、ルミガンのジェネリック(後発品)だからです。

通常新薬が開発され発売されると、厚生労働省が薬価を定め、製薬会社は新薬の製造方法や構造について特許を取得します。この特許権は20年以上経過すると消失するため、他の製薬会社がその薬品の後発品を開発することがあり、後発品は先発品より安価に設定されます。

ジェネリックは先発品より安くて成分が同じというのがメリットです。決して安いからといって先発品より効果が薄かったり、副作用が強いわけではありません。

何度も言うようですが、3商品はすべて同じ性質で同じ効き目が期待できます。

まつげ育毛剤は長く使用してこそはっきりとした効果を持続できるもの(※使用をやめると元のまつ毛に戻ってしまうもの)なので、毎月の出費を考えるとプチプラにこだわる人が多いのではないでしょうか。同じビマトプロスト系の商品を使うなら、どれを選ぶべきかはおのずと決まってくるはずです。

忙しくても手抜きはNG!!ケアプロストは通販で手軽に購入

なおケアプロストは、医師の処方によっても入手することができます。美容外科、皮膚科、内科などで取り扱っているので、受診を希望する人は近場の病院を検索してみるとよいでしょう。

ただ大部分の方について言えば、日中はお仕事、オフの日はデートや自分磨き…と忙しく過ごされているはずです。

わざわざ病院を受診するなんて…と、面倒くささや煩わしさからまつげ美容液をあきらめてしまうくらいなら、個人輸入で入手するという方法があります。

個人輸入代行業者に頼めば、税関の手続きや書類作成などの面倒な作業を一切せずに商品を購入できます。ネット上で、普通の通販同様の入力事項を打ち込むだけでOKです。これなら、どんなに忙しくても格安なまつげ育毛剤を入手できるのではないでしょうか。

ネット通販での購入は、人に知られず商品を入手できるのがいいところです。人によっては「病院を受診してまで頑張っている姿」を、誰かに見られることを嫌うかもしれません。

キレイになるために頑張っている姿は決して恥ずかしいものではありませんが、豊かなまつげの理由を秘密にしておきたい、あくまで「こっそり」まつげ育毛剤を仕込んでおきたいという人にも、通販はちょうどいい方法かもしれません。

まつげ育毛剤は、一生のお付き合いになるかもしれないマストアイテムです。まずはケアプロストで1日1度の簡単まつげケアを日課にしてはいかがでしょうか。

ラティースよりもお得なケアプロスト

まつ毛が短いとか細いとか、そういったことで悩んでいる女性はたくさんいますよね。そういう女性の悩みを解消してくれるのがまつ毛美容液なんですが、まつ毛美容液にも色々な種類があります。中には育毛成分は全く入っていないというものもありますから、せっかく買うのならきちんと育毛成分の入っているものがいいですよね。

まつ毛美容液で育毛成分がきちんと入っているものといえば代表的なのがラティースです。ただ、ラティースはけっこういいお値段ですので、使ってはみたいけれど、なかなか簡単に手を出せないという方も多いのではないでしょうか。

そういった方に嬉しいのがラティースと同成分のケアプロストではないかと思います。ケアプロストであれば通販サイトによってはラティースの半分以下の金額で購入することができますので、金額的なネックは取り払えるのではないでしょうか。ケアプロストを使ってみて効果が実感できれば、そのままケアプロストを使い続ければオッケーですし、効果を実感できなかった場合には、思い切ってラティースを購入してみるのも1つの方法かと思います。

何でもそうですが効果は個人差が大きなものですし、中にはケアプロストのように後発品と呼ばれるものでは効果を実感できない方もいたりします。ただ、数日使っただけで効果が実感できないと諦めないで下さいね。早い方でも2~3週間かかるようですから、気長に使い続けてみて下さいね。