禁煙の方法

最新の禁煙方法ランキング


「禁煙したい!」と本気で決意して禁煙を始めても、自分の意志の力だけでタバコをやめるのは至難の業です。これだけ多様な禁煙方法が世の中に溢れていることが、禁煙の難しさを端的に表しています。当サイトでは、あなたの禁煙を力強くサポートしてくれる禁煙グッズを人気順にご紹介させていただきます。”禁煙グッズ”と一言でいっても、成功に導くための方法論はそれぞれ異なります。あなたに合うグッズはあなたにしかわかりません。各グッズの特徴や効果をしっかりご理解のうえ、自分にピッタリ合った禁煙グッズを見つけてください。

1位
チャンピックス
ニコチンをまったく含まない画期的な禁煙治療薬として注目を集めているチャンピックス。チャンピックスの主成分であるバレニクリンが、ニコチンの変わりに受容体に結合することで禁煙の辛さを軽減してくれる。また仮にタバコを吸ってしまっても、体に取り込んだニコチンは受容体に結合できないため煙草のうまみを感じることはない。「吸いたい」という欲求を自然に失わせてくれる優れた禁煙薬である。
禁煙補助薬 - 公式サイト
1位
SUPER CIGARETTE
チャンピックス同様、ニコチンを一切含まない禁煙グッズが電子タバコ。今までは、ニコチン摂取量を徐々に減らしていくという禁煙方法が主流だったが、昨今の健康ブームにより、「どうせなら健康的にタバコを断ちたい」という需要に答えた製品である。先のチャンピックス錠とこの電子タバコは、ニコチンを一切含まない点で共通している。好きなフレーバーをセットして吸引することで口寂しさを紛らわす効果が特徴的。
電子タバコ - 公式サイト
1位
Rine Pipe
煙草に取り付けるニコチンフィルターが離煙パイプである。毎日3%ずつ少しずつニコチンをカットしていき、開始から31日目には95%のニコチンをカットできる仕組みになっている。いつも吸っているタバコに取り付けるだけで、知らずに知らずの内にニコチン摂取量が減っていくのが離煙パイプの特徴。「いきなりの断煙はキツイ」という、特にヘビースモーカーの方に支持を受けている。
離煙パイプ - 公式サイト

チャンピックスって、禁煙衝動抑えるために半永久的に服用し続けるイメージでしたけど、実際は3ヶ月ちょっとなんですね。禁煙外来でそれを処方してもらう場合は、その3ヶ月内に5回病院にかかる必要があるそうです。

5回くらいならまぁ…とも思ったのですが、金額合計すると15,000円くらいかかるそうです。ちなみに保険適用でこの額です。3割負担でも結構するんですね。

ちなみに、保険適用外だと50,000円くらいみたいです。

だから、禁煙外来行くならやっぱり保険適用が良いと思うのが…そうなるためには、いくつか要件を満たさないといけないんですよね。多分一番重い要件が、タバコの本数だと思います。

1日に吸う本数×年数が200以上じゃないとダメみたいです。1日一箱(16本)吸う人でも10年じゃまだ足りないんですね。変な話、喫煙歴長い人の方が有利なんですね。

まぁ、それと同時に肺も大分黒くなっていると思いますが。でもこの本数の要件って、誤魔化そうと思えば結構いけるような…?

タバコって何が良いのでしょうか?よく、小さな喫煙所で鮨詰め状態になってタバコを吸っている、という光景を最近はよく見ますが、あそこまでしてなぜタバコを吸いたいのか、全然想像できません。

もし私が喫煙者だったら、あんな窮屈かつ不快な思いをしながらじゃないと吸えないなら、いっそきっぱり辞めたいと思います。

また、そうして日本でもアメリカのように、喫煙者が肩身の狭い思いをするような環境になりつつあるのか、今はファイザー社という会社から販売されている禁煙薬、チャンピックスが人気を博しているそうです。

禁煙薬ですから、薄いニコチンでも含まれているのかなと思ったのですが、そういうのではなく、なんでも、脳の方に直接働きかけてタバコをおいしくないと錯覚させてくれるのだとか。

脳に直接作用してくれるという点がなんか新しいですね。この説明だけで、効果あるんじゃないかな、と思えてきます。さて、実際はどんな感じなのでしょうか?

薬って、本格的になればなるほど、副作用の危険性も上がって行きますよね。

個人的に、副作用と言われて真っ先にイメージするのは、やっぱり吐き気ですね(とある医療漫画で、抗がん剤を使用して吐き気で患者が苦しむシーンがあったのですが、見ていてとても辛かったです)。

ここ最近、世界各地で注目を集めているチャンピックスも、やはり高い禁煙成功率を誇る反面、様々な副作用の可能性もあり、その中には吐き気も含まれていました。内服薬なのに、副作用が吐き気って困りますよね。

吐けば楽になるかもしれませんが、そうしてしまうとせっかくの薬も体外に出してしまうことになりかねませんから。

また、その辛さのせいで、途中でチャンピックス治療を断念してしまう人も多いのだそうです。禁煙を阻むのは、タバコに対する依存だけではないんですね。

将来大変な想いをしてまでこんな禁煙治療はしたくないので、私はやっぱりこのままタバコとば無縁の生活を送りたいなと思います。

関連サイトもチェックしよう!