チャンピックスの通販

禁煙グッズの効果比較NAVI~すぐタバコを禁煙したい人の禁煙方法

飲むだけ簡単!!
ニコチンレスだから安心できる

チャンピックスは錠剤なので決められた量を毎日飲むだけでいい。何のテクニックもいらない手軽さも支持される理由の1つだ。

また、ニコチン代替法と違って体内にまったくニコチンを取り込まない点も、早く健康になりたいと願う人には嬉しい限り。

チャンピックスの具体的な服用方法は以下のとおり。

【服用期間:12週間】
・1~3日目:0.5mg錠剤 1日1回(朝昼晩いずれかの食後)
・4~7日目:0.5mg錠剤 1日2回(朝&夕食後)
・8日目以降(禁煙スタート):1.0mg錠剤 1日2回(朝&夕食後)
※1~7日目までは喫煙しても構わない。8日目から禁煙をスタートする。
※8日目以降も、どうしても吸いたくなってしまったら吸っても構わない。

特筆すべきは最初の1週間は吸ってもかまわない点、また2週目以降も極力禁煙するよう謳ってはいるものの喫煙厳禁とはしていない点だろう。

チャンピックスならではの強力な「拮抗作用」により、服用開始後じわじわと「タバコがマズく」感じられるようになる。万一タバコに火をつけてしまったとしても、1本吸いきらずにやめたくなるほどタバコの美味しさは失われているはずだ。

どうしても吸いたくなっても大丈夫。そんな気楽さもチャンピックスの特徴である。一方、チャンピックスの服用を控えた方がよい人や副作用を自覚する人もいる。

【チャンピックスの服用を控えた方がよい人】
妊婦または授乳中の女性
薬物アレルギーがある人
何らかの腎臓疾患、精神疾患がある人

【チャンピックスの主な副作用】
吐き気
頭痛・腹痛
便秘・腹部膨満感
悪夢を見る
不眠
精神症状(抑うつ気分など)

副作用の中でももっとも多いのは吐き気であり、人によってはチャンピックスと同時に吐き気止めを処方されることもある。また、怖い夢や妙にリアルな夢を見るなど睡眠中に何らかの変化が現れることもある。もともと体質的に問題があったり、副作用が心配な人は禁煙外来を受診し、医師にチャンピックスを処方してもらおう。

禁煙外来で保険を効かせてチャンピックスを処方してもらうと、かかる費用は平均16,000~20,000円。これは12週分の処方と、初診料やその他の禁煙治療費を含んだ金額である。しかし病院で禁煙治療をして万一禁煙に失敗した場合、次に保険が適用になるまでに1年間かかるということをご存知だろうか?

何度失敗しても立て続けに保険を効かせて治療できれば最高なのだが、実際はそれほど甘くはない。禁煙外来に行くならば「1回で成功させる」という気合と覚悟が必要である。また、実際に禁煙外来を受診すると、禁煙治療を保険でまかなうための4つの条件をクリアしているか医師が判断することになる。

1.「ニコチン依存症」という診断がつくこと(ニコチン依存度テスト[TDS]を使用)
2.ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
3.禁煙治療に参加するという同意書を提出していること
4.直ちに禁煙を開始する意思があること

何らかの理由で保険適用が難しかったり、受診の時間がとれない人には通信販売という手段もある。チャンピックスは国内で市販されている薬ではないので「個人輸入」という形にはなるが、以外に簡単に入手することが可能である。

チャンピックスは、過去に何度か禁煙に失敗した人にも、ドキドキの禁煙初挑戦を試みる人にもおススメの禁煙補助剤である。より手堅い成功を望むなら、ぜひ試してみて欲しい。

  • チャンピックスの取扱販売店

チャンピックス

離煙パイプ

電子タバコ

禁煙パッチ

ニコチンガム

おすすめ禁煙グッズ


禁煙薬

離煙パイプ

電子タバコ

禁煙パッチ

ニコチンガム

- SITE MAP -

Copyright 2011 禁煙グッズの効果比較NAVI~すぐタバコを禁煙したい人の禁煙方法 All rights reserved.